マタニティドレスにも|昔から人気が衰えないダイヤモンド|4cとよばれる基準
新郎新婦

マタニティドレスにも

ドレス

お腹をカバーできる

ウェディングドレスには色々なデザインがありますが、最近おしゃれな女性に選ばれているのが「エンパイアドレス」です。エンパイアドレスはバストの下から切り替えがあり、ストンとスカート部分がストレートに伸びて行くデザインとなっています。クラシカルで、優雅なデザインが印象的なウェディングドレスです。ウェディングドレスの中にはウエスト部分がキュッと、引き締められているデザインも多い中、エンパイアドレスはお腹を締め付けません。ですので、マタニティドレスとしてエンパイアドレスは、妊婦さんに多く選ばれているデザインでもあります。また、バスト下からの切り替えがある事で、背が低い方でもスッキリと着こなせる点もエンパイアドレスの魅力です。

ヒールを履かなくてOK

ウェディングドレスを着る際は、高いヒールを履く事が鉄則です。特に背が低い女性の場合、ヒールの靴を履かなければドレスとのバランスをとる事が難しいでしょう。Aラインやプリンセスラインといった、スカート部分にボリュームのあるデザインの場合は、ヒールの靴を履いてバランスをとる必要があります。しかし、妊婦さんであった場合、ヒールの高い靴を履くのに抵抗があるかもしれません。このような時にも、エンパイアドレスは重宝します。エンパイアドレスはナチュラルな印象もあるデザインとなっているので、無理やり高いヒールの靴を履かなくてもさまになるのです。ヒールの無いぺたんこ靴でも、ビジュー付きなど華やかなデザインのものを選べば、十分トータルコーディネート出来ます。