男女

大切な指輪を選ぶポイント

指輪を持つ男性

大切な結婚指輪だからこそ、デザインやスタイルにこだわった納得のいくものを選びましょう。お得に購入する方法として、結婚式場の割引や特典利用があります。神戸で自分たちの希望に合ったジュエリーショップや工房を探すなら、インターネットで情報を集めると便利です。

Read

ダイヤモンドが一般的

手

婚約指輪はダイヤモンドという決まりはなく、サファイアやエメラルド、ルビーでも問題ない。プラチナ、ゴールドとそれぞれ宝石との相性があるので、事前にチェックしておくと良い。また、良い状態を保つためにメンテナンスも必須である。

Read

婚約指輪の定番

新郎新婦

婚約指輪の定番のストーンと言えばダイヤモンドです。一昔前まで婚約指輪の購入予算は給料の3ヶ月分と言われ、リングにあしらうダイヤモンドも0.6ct程度が相場となっていましたが、最近では婚約指輪にかける予算が20万円から40万円程度となったこともあって0.3ct程度が主流となっています。またデザインも変化してきており、以前まで婚約指輪の主流であった一粒ダイヤモンドをソリティアに仕立てたものよりも小さなダイヤモンドをリングにちりばめてデザインされるエタニティが最近では人気となっています。このように婚約指輪のトレンドも時代にあわせて大きく変化してきていますが、それでも依然としてダイヤモンドの人気は衰えることを知りません。

ダイヤモンドの婚約指輪を購入する際はそのクオリティに注目しましょう。ダイヤモンドを客観的に判断する材料となるのが4cとよばれる基準です。この4cはカット・クラリティ・カラット・カラーで構成されています。カットは研磨する技術のことで、人の技術が介在する唯一の部分であるとともに輝きに最も影響を及ぼす重要なポイントです。クラリティは透明度を表します。ダイヤモンドには目には見えない傷がついていたり小さな不純物が含まれていますが、この傷や不純物が少ないほど透明度が高くなります。カラットは重量によって決定されます。1カラットは0.2gとなっており、重量が増すほど希少性が高まります。最後はカラーです。このカラーは色を基準に定められています。基本的には無色透明であるほど価値が高いとされていますが、最近ではピンクダイヤモンドなどのカラーストーンも人気となっています。婚約指輪を購入する際はこれらの基準を総合的に判断して購入しましょう。

マタニティドレスにも

ドレス

妊婦さんが着るウェディングドレスとして、おすすめしたいのがエンパイアドレスです。バスト下から切り替えのあるデザインなので、お腹を締め付けません。また、ヒールの無い靴でもキレイに着こなせる点も、エンパイアドレスが妊婦さんにおすすめの理由です。

Read